2017年度 ASLE-Japan/文学・環境学会 全国大会のご案内

とき:2017年8月24日(木)~25日(金)
ところ:清泉女子大学

(住所:〒141-8642 東京都品川区東五反田3-16-21)

(TEL:03-3447-5551)

 

大会実行委員長 ブルース・アレン

2017ASLE-J全国大会プログラム
ASLE-J2017.pdf
PDFファイル 365.1 KB

第1日目  8月24日(木)

2017 ASLE-J 全国大会申込書
2017 大会申込書ASLE-J website用.doc
Microsoft Word 35.0 KB

11:10-12:10  院生企画 院生ブックレビュー「動物(へ)の変身」
企画兼発表:三宅由夏(東京大学・院)
   発表:馬場理恵(東京大学・院)
      高橋実紗子(聖心女子大学・院)
      笠間悠貴(明治大学・院、写真家)

 

13:00-13:05  開会の辞 結城正美(金沢大学)

 

13:10-13:40  個人発表1   司会:岡崎朝美(北星学園大学・非)
「シュティフターの作品における故郷ボヘミアの森の記憶」松岡 幸司(信州大学) 

 

13:45-14:15  個人発表2  司会: 黒﨑真由美(関東学院大学)
「Liz Berry, The China Garden: 次世代の地球の守護者(アース・ガーディアン)へのメッセージ」田中美保子(東京女子大学)

 

14:20-14:50  個人発表3  司会:小谷一明(新潟県立大学)
「水俣病の言説における海の表象:『海の牙』と『苦海浄土』との比較を中心に」賀 樹紅(金沢大学・院)

 

14:55-15:25  個人発表4  司会:ブルース・アレン(清泉女子大学)
“Wilderness as a Haven for the Rebels -Reality in both Fiction and Non-fiction”      Masato Tobari(立教大学・院)

 

15:40-17:10  基調講演1 
「環境文学への視座─日本古典文学をめぐって」
司会:野田研一(立教大学名誉教授)
講師:渡辺憲司氏(自由学園最高学部長・立教大学名誉教授)
   小峯和明氏(立教大学名誉教授)

 

18:00-  懇親会 会場:トラットリア アリエッタ

 

第2日目  8月25日(金)

10:00-11:00   役員会

 

11:10-11:40  Urban Nature Watching自然観察 清泉女子大学構内ツアー

 

12:30-13:00   総会

 

13:05-13:35  個人発表5  司会:佐々木郁子(龍谷大学)
「『嵐が丘』の動物たちと動物的な人びと」馬場理絵(東京大学・院)

 

13:40-14:10  個人発表6  司会 波戸岡景太(明治大学)
「動物を殺すことの責任と解決不能性――ダナ・ハラウェイ『犬と人が出会うとき』における文学作品の参照を手掛かりに」猪口智広(東京大学・院) ※キャンセル

 

14:15-15:45  ラウンドテーブル
「環境カフェ──文学と科学による社会コミュニケーション」
司会兼発表者 多田満(国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター)
戸祭森彦(筑波大学 下田臨海実験センター)
田中迅(九州大学 21世紀プログラム)

 

16:00-17:10  基調講演2
「きわに立つ―環境としての私」
司会:結城正美(金沢大学)
講師:田口ランディ氏(作家)

 

17:15-17:20   閉会の辞     小谷一明(新潟県立大学)

23rd Annual ASLE-J National Conference, August 24-25

The 2017 ASLE-J national conference will be held at Seisen University in Tokyo on August 24 and 25. Our program will feature two keynote speeches. The first will be a joint presentation on August 24 by two distinguished scholars on Japanese literature and nature; Watanabe Kenji and Komine Kazuaki, both professors emeritus at Rikkyo University. Their topic will be  “Classical Japanese Literature, from the Viewpoint of Environmental literature”. On August 25, the second keynote speech will be given by the prominent novelist and writer on environmental issues, Taguchi Randy. The title of her speech will be “Standing at the Brink: Myself as the Environment”. The program will also include six individual presentations, a roundtable presentation, a series of book reviews by graduate students, and our annual members’ meeting.  We will also have a short “Urban Nature Watching” session; exploring the rich urban nature on the campus of Seisen University, and a chance to view Seisen’s historic main building, designed and built 100 years ago by renowned British architect Josiah Conder. The dinner party on the 24th will be held at the nearby restaurant Trattoria Arietta.  For more detailed information on the conference, please refer to the schedule on the ASLE-J website, or contact the organizing committee chair, Bruce Allen, at allen@seisen-u.ac.jp.

What's New

Newsletter No.42 および No.43 を掲載しました。

文学・環境学会 役員リスト」を更新しました。